【初心者向け】つみたてNISAを分かりやすく説明。メリットやデメリットなどを分かりやすく

株投資

最近、つみたてNISAを始めている方がたくさんいますね。

つみたてNISAは

利益に税金がかからないお得な制度を利用できる

これから初めて投資をする方に大変おすすめ出来るものです。

本記事では

・NISAとはどのようなものか
・NISAの良いところ
・NISAの悪いところ

について投資の初心者でも分かりやすくご紹介します!

NISAは長期投資を見据えた投資方法になります。

1.NISAってどんなもの?

まずはNISAがどのようなものかご紹介します。

NISAは、

Nippon
Individual
Saving
Account

の頭文字をとっています。

日本語に直すと「少額投資非課税制度」と言います。

名前の通りですが、NISAは

小額から「長期・積立・分散投資」を支援するために国が設けた制度

のことを言います。2018年に新しくできており、長期投資に向けた設計となっています。

読者
読者

国がやってるなら安心だね。

そうですね。これは投資を始める方が少しでも多くなるように国が定めた制度なんです。

 

日本国内に住む20歳以上の人が利用できる
積立した対象の投資信託が年間40万円まで
最長20年間の利益が非課税になる制度のこと
なんです。
わたし
わたし

月33,333円までの積立は非課税ということですね。

つみたてNISAの特徴

非課税の対象:対象の投資信託で得た利益や分配金
口座開設数1人1口座
非課税投資枠年間40 万円が上限
非課税期間最長20年間
投資開始可能期間2018〜2042年

NISAって具体的にはどういう存在?

では具体的に、NISAがどんな存在なのか説明していきましょう。

勘違いされがちなのですが、NISAは投資商品ではありません。

では何かというと、

NISAは口座という名の”箱”

だと考えてください。

そこに投資商品を加えて、利益を産むということになります。

投資商品についてはまた詳しくご説明します。

そしてNISAは税がかからないため、お得に運用できるということです。

NISAとつみたてNISAの違いについて

NISA」と「つみたてNISA」では上記のように大きな違いがあります。
大きな違いとしては、積み立てNISAの場合
非課税になる額が年間40万円までと低いこと。
そして、非課税で運用できる期間が長いこと。
という部分です。良いと感じる部分、悪いと感じる部分がありますね。
以上の点を踏まえると、
少しずつ、長期で貯金を兼ねていきたい場合はつみたてNISA
がっつり、柔軟に投資をしていきたい人は一般NISA
を選ぶと良いでしょう。
今回の記事では、初心者でも挑戦しやすいつみたてNISAについてご紹介していきます。
ちなみに一般NISAは2024年から仕様が大きく変更されるため、ご注意ください。

どんなものに投資できる?

つみたてNISAは、金融庁が選んだ
投資信託の中から選べます。
信託報酬が低く、長期投資向きな商品が多い特徴があります。

投資信託(ファンド)とは

プロにお金を預けて運用してもらう金融商品のこと

を言います。

信託報酬とは

運用をお任せする

プロに支払う手数料

のことを言います。

2.つみたてNISAの良いところ

ここからは、つみたてNISAのメリットについてご紹介していきます。

①投資の利益が最長20年間非課税

本来、投資の利益には約20%の税金がかかります。

20%はなかなか大きい数字ですよね。

これがNISAの場合は100%利益が自分の手元に入ってくるんです!

このようにつみたてNISAの最大のメリットは、

投資の利益にかかるはずの20%の税金が非課税になること

と言えます。

また非課税期間が終了すると

自動で税金のかかる口座に移ります

今まで得た利益は非課税のままです。

以下にNISAでの非課税期間が終了した際のケースを示します。

 

出典:金融庁webサイト「NISAのポイント」

少し難しく見えますが、

非課税期間が終了して課税口座に移る際の価格が新たな取得価格になる

ということですね。

120万円で購入した資産が非課税期間で150万円になっていた場合、

この30万円には一切、税金がかからないということになります。

②いつでも引き出すことができる

つみたてNISAは預金をいつでも引き出すことができます

確定拠出年金(iDecoや企業型DC) は、原則60歳まで引き出せないことを考えると

非常に大きいメリットと言えますね!

読者
読者

いつでも引き出せるのは心理的にも安心だね。

③堅実に資産を増やすことができる

つみたてNISAは小額をコツコツ投資していく方法になります。

そのため、「貯金として投資をする」ことができるということになります。

お金を貯めたいと思っていても、

今の通帳残高をみたらがっかりしてしまうということも多いですよね。

そんな方でも気軽に始められるつみたてNISAは、

これから投資を始めたいと思っている方に非常におすすめです。

行動できるかどうかで将来の状況は大きく変わると思います。

 

3.つみたてNISAの悪いところ

では今度はデメリットとなる部分を学んでいきましょう。

①20年後に含み損であった場合、損をする

先ほど、非課税期間が終了した際に値上がりしていた状況を確認しました。

では課税期間に入った際に、値下がりをしていたらどうでしょうか。

出典:金融庁webサイト「NISAのポイント」

この場合、課税口座に入っていたら本来は120万円に課税されるはずでした。

しかしつみたてNISAでは、20年後の取得価格から税が発生してしまいます。

このように場合によっては、多くの税を払わなければならないこともあるわけです。

読者
読者

損をする可能性があるなら挑戦するの怖いな〜

確かに預けたお金が減って返ってくるのは嫌ですよね。

ただ、株式投資を正しく選べば20年後にはほとんど場合

正の値動きになると言われています。

そこに関しては長期投資のメリットが活かされるでしょう。

②非課税枠の再利用はできない

さて、つみたてNISAは年間40万円までが非課税になる額でしたね。

この40万円の中で再利用はできません

例えば40万円の投資信託Aを購入したとします。

しかし、やはり別銘柄の投資信託Bを購入したいとなった場合どうしたら良いでしょうか。

投資信託Aを売却して残りの部分を投資信託Bに当てれば良さそうですよね。

実はこれはできません。

購入した額はその年のうちは”使えない額“として考えなければならないわけです。

よく考えて購入しなければなりませんね。

まとめ

つみたてNISAについて理解することができたでしょうか。

デメリットとなる部分もありましたが、

しっかりと理解しておけば解決できることばかりです。

貯金として長期投資をすることは早いうちからコツコツしておくことが大切です。

もし少しでも興味が湧きましたら

つみたてNISAの始め方

もご覧ください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました