Java

【Java】アノテーション一覧 SpringBoot〜わかりやすい説明付き〜

SpringBootのアノテーションとはどんなもの?

JavaのSpringBootのコーディングを見ると必ずと言っていいほどアノテーション(@)が使われています。

このアノテーションは何かというと

@(アノテーション)をつけるだけで

コンピューター側が認識して処理を行ってくれるもの

イメージとしては神様に向かって@をつけて要望すると自動的に処理してくれるものという感じです。

以下にアノテーションの一覧を示しておきます。

アノテーション一覧

@Autowired

別のクラスを使えるようにしてくれるもの。他のクラスを呼び出すことができる。使わないとnewを書いてクラスを呼び出さなければならない。= インスタンス化しないといけない。

@Component
@Controller

コントローラー層に付与。以下のような役割を果たす。

  • 画面遷移の制御
  • ドメイン層のServiceの呼び出し
@getMapping

指定したURLのPOSTリクエストが届いたときに動作させるメソッド。「取得」の役割を果たす。

@PostMapping

指定したURLのPOSTリクエストが届いたときに動作させるメソッド。投稿の役割を果たし、新しいデータの登録などに用いる。

@Repository

データ処理の役割のクラスに使用。Spring MVCでデータ層のクラス(DAO等のDBアクセスを行うクラス)に付与する。

@RequestParam

URLに含まれるクエリパラメータや、メッセージボディーに含まれるポストパラメータを受け取ることができる。

@Service 

アプリケーションの処理の役割のクラスに使用。このアノテーションにより実行される。

@SpringBootApplication

宣言することにより次の3つの機能を有効化する。

  • @EnableAutoConfiguration: Spring Boot の自動構成メカニズムを有効にする
  • @ComponentScan: アプリケーションが配置されているパッケージで @Component スキャンを有効にする
  • @Configuration: コンテキストに追加の Bean を登録したり、追加の構成クラスをインポートしたりできる

まとめ

本記事ではアノテーションについて紹介しました。

実際には紹介しきれていないものが多く、他にもたくさんの機能があります。

質問していただければ随時更新していきますので、お時間があればご教授いただけると幸いです。