iPhone

【iOS14.5】マスク着用時の顔認証解除方法

2021年現在、世界的に流行しているコロナにより外出時にはマスク着用がほとんど義務化されているような状況ですね。

iPhoneユーザーで顔認証を利用している方は、わざわざマスクを少しずらしたりパスコードを打たなければなりません。

2021年4月27日のiOS14.5にて、マスク着用時でも顔認証を利用することが可能になりました。

この方法は「apple watch」を利用したものになります。

持っている方は設定してぜひ利用しましょう!!

設定方法

早速、設定方法についてご説明していきます。

iOS14.5にアップデートする

今回の設定を行うためにソフトウェアアップデートを行いましょう。
アップデートは、iPhoneとapple watchの両方です。
また、apple watchは充電50%以上でなおかつ充電しておかなければいけません。

ロック解除の設定

アップデートが完了したら次はロック解除の設定です。

設定→Face IDとパスコード→Apple Watch でロック解除

の順に設定していけば完了です。

この方法を用いる場合は、写真(左)のようにapple watchのパスコード設定が必要になります。

ただ、iPhoneのロック解除を行うと自動でapple watchもロック解除されるためあまり気にはなりません。

設定完了

これで設定は完了です。

では実際に使ってみましょう。

iPhoneを開くとapple watchは写真(左)のような画面になり、

スクロールすると写真(右)のようになります。

ロック解除するとapple watchが振動し、

ワンタッチでロックすることができるためセキュリティ面も心配ないですね。

まとめ

本記事ではapple watchを用いて、マスクをしたままiphoneのロックを解除する方法を紹介しました。

マスク着用が当たり前になった現在ではこのように対応していただけるのは非常にありがたいですね。

また2021年4月現在では電子マネーなどのロック解除には対応していないようです。こちらも早く実装されると嬉しいですね。