【ARとは】どんなことができる?将来性ってあるの?技術者も知っておきたい基礎知識について

AR・VR

最近よく耳にするAR。色々なメディアで今後、普及する技術として取り上げられています。

今回はARがどのような点から注目を集めているか、どの様なことが出来るようになるかを解説していきます。

今後くる技術ってよく聞くから知っておきたいね

現在ARを用いて作られているサービス

まずは現在普及しているサービスにどのようなものがあるかについて見ていきましょう。

・ポケモンGO

・SNOWやTikTokの画像加工

・メンテンス支援

・教育教材

ざっと挙げただけでも幅広い分野で使われていることが分かりますね。

そして全てに通ずるものとしてワクワク感があるのではないでしょうか。

ARは今までの“不便”を大きく改善してくれる夢のような技術です。

考えれば考えるほど色々なアイデアが湧いてくるのではないでしょうか。

このような理由から、今後普及するであろう技術として注目を浴びているんですね。

ARについて

ARは「Augmented Reality」の略で、一般的に拡張現実と訳され知られています。

最近では“ポケモンGO”が大きな注目を集めていますね。

拡張現実とも言うように現実世界にバーチャルな世界を重ねて表示することで目の前にある世界を仮想的に拡張すると言うものです。

AR技術はVRとは異なりスマホ向けサービスとして比較的簡単に手にできるため

私たちの日常生活と密接に関わり合う新技術として注目を集めています。

ARの可能性

ARがどのようなものかを知った上でAR技術が今後どのように普及していくかを見ていきましょう。

AR活用のためのキーワード

まず、なぜ今後ARが普及していくと考えられているのでしょうか。

その点から考えていきましょう。

どの様な時代背景を捉えているのか

ARが普及してくと考えられている原因は、ズバリ時代の流れです!

情報社会としてどんどん成長していく世界で、やっとできるようになってきた技術だと考えましょう。

具体的には以下のような背景があります。

 スマートフォンを全員が持っている時代
 5G/AI/IOTの普及
 インターフェースとしての眼鏡などのデバイス

ARなどの技術はまだ一般的に普及しているとは言えません。

それは技術的にまだ発達段階であるため、実用的に滞りなく使えるレベルでないものがあることや

使ったことがない人にとって参入障壁が大きいことが原因としてあります。

しかしスマートフォンの普及により、ポケモンGOなどのゲームや購入商品を原寸台でチェックするなどARに簡単に触れ合う第一歩が歩まれました。

さらに今後のインフラ発達によりデータの高速化が起こると、将来のXR市場がどうなるか予想もつきません。

このような背景が最近のARブームを起こしているのですね。

AR活用のためのトピックス

ではここから実際に現在利用されているものや将来どのようなものに使われるかを紹介していきます。

冒頭に述べたゲームだけではなく、ビジネスやショッピングなどの日常生活に寄り添ったアイデアもたくさん考えられています。

アパレル

ファッション業界はわかりやすくAR事業とフィットしており、活用が進んでいます。

今後もビジネスとして成長するであろうこの分野は以下のような背景があります。

  1. Eコマースにおける利用サイズ確認や試着による購買意欲の増加ミスマッチの低減(自宅でのショッピングも可能)
  2. 店舗における活用店舗内AR装飾による購買体験のリッチ化
https://www.youtube.com/channel/UC3S_Oz0nSMBjlr18YohhAUg
インテリア

家具のような大きい商品は、買う前にどのようなスケールでどのように配置するか多くのことを考えますね。

このように今まで想像で補っていたことをARは得意分野としています。

ニトリなど大手家具メーカーをはじめ、Amazonなどのオンライン購入するサービスでも利用されています。

スマホの画面を通して部屋に家具を配置させることが出来るため、手軽に利用することができます。

オンラインショッピングが普及する時代では今後も活躍が期待されますね。

https://www.karimoku.co.jp/ar/
教育支援

ARは教育支援ツールとしても大きな注目を集めています。

実際に視認することで理解度への大きな影響を与えたり、教育人員を省くことが出来るなど色々なメリットが存在します。

最近では研修にARを用いて育成する企業も存在します。

参照:東京メトロプレスリリース
遠方の人とのリアルな会話(会議)

最後に近未来的なテーマについてご紹介します。

あなたも映画のワンシーン等で、会議室内で偉そうな人たちがホログラムで会話しているような様子を見たことがあるのではないでしょうか。

ARを使えばあのような芸当もできてしまうわけです。考えれば考えるほど未来にワクワクを感じますね。

カップルにおける遠距離恋愛というものがなくなる時代も来るかもしれませんね (笑)

https://www.moguravr.com/spatial-funding/

ARの価値

ここまで現在のARの状況や利用例について見てきました。

その上でARの価値というのはどこにあるのでしょうか。

実際に世の中に普及するためにはARでなくてはダメな理由が必要です。

ARを使ってもらいたいというだけでは既存のサービスに軍配が上がるでしょう。

今まで紹介してきたような利用例に関してはもちろんARの特性を活かした素晴らしいものが多いです。

ここで視点を変え、新しいものを生み出すために理解しておくべきARの価値をご紹介します。

これは一つの考え方ですが、ARの価値はズバリ

時間短縮としてのプラットフォーム

だと思います。

先ほど紹介した例でいえば、商品をオンラインで買うためのARを用いた試着や会議の遠隔出席など

実際にその場に行かないでもできるというのは大きな魅力があります。

他にもARには大きな可能性が存在しますが、いずれにせよ既存のサービスに勝てるような土俵にもっていくことが大事だと言えるでしょう。

これからのARビジネス

少しずつ普及しているAR分野ですが、まだ発展途上であることは間違いありません。

しかし、スマホを大多数の方が持っていることやインフラ整備などで

今後のARビジネス拡大のスピードは急激に早まることが予想されます。

今後のARをビジネスとして押さえておくべきポイントにはUI・UXのクオリティを意識しておくことが重要です。

「便利なのはわかるけど、使い方がわからない。」「なんだか難しそう」という印象を覆すことができなければ大多数の方に利用してもらうのは難しいでしょう。

機能も大事ですが、デザインに関しても留意しておくべきだと思います。

まとめ

本記事では今後のAR事業についてまとめていきました。

今後将来を担う技術となりうるポテンシャルを秘めている分野ですので今のうちから勉強しておきたいですね。

本当に多くの使い方が存在しうるため、大切なのは慣れ親しんで利用していただけるようUI・UXのクオリティです。

ユーザーが気持ちよく利用できるための土台を組み立てておくことが重要だと言えますね。

この記事を最後まで読んでくれたあなたは先端事業に関して非常にアンテナが高い方だと思います。

今後もお互い学びを深めていきましょうね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました