iPhone

【必見】iCloudストレージがいっぱいになってしまったら!?写真を消したりパソコンに移さなくても容量を増やす方法とは。

iCloudストレージが知らず知らずのうちに一杯になってしまった経験はありませんか?

そしてiPhoneの容量が写真に圧迫され、アプリを削除したりしてなんとかやりくりしている方もいるのではないでしょうか。

今回は手軽にその悩みを解決する方法を紹介します。

iPhoneユーザーでよくある悩みで容量が足りない!というものがありますね。

その中でも特に圧迫している正体は皆さんも知っているのではないでしょうか。
そう、写真です!!

でも写真消したくないしパソコン使うのもめんどくさいな〜

そこで便利な機能としてiCloudなどのオンラインストレージ機能を利用するという方法があります。

しかし、iCloudストレージも勝手に設定されていたりして

上手く使えていない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は便利なオンラインストレージ機能を紹介します!

ストレージ容量の状況を知る

ではまず、現在のiPhoneのストレージ状況を確認してみましょう。

iPhoneのストレージには2種類あります。デバイス本体の容量とiCloud上に保存しているファイルの容量です。

今回考えていくのはiCloud上のストレージの方です!!

私の場合は写真が圧迫しすぎていますね(笑)

対策方法について

1. iCloudストレージ

では先ず、「iCloudストレージ」を効果的に利用する方法について紹介します!

iCloud使用アプリを制限する

まずは同期する必要がないアプリをオフにしましょう!

どうゆうこと〜?

下の写真を見てください。

このように、保存する必要のないもので無駄に容量を圧迫していませんか?
一度見直してみましょう!

iCloudのストレージを増やす

次は有償のものですが、月額制でiCloudで保管できる容量を増やすという方法です。

値段は下記のようになっています。

ストレージを月額制で購入するのはお金がもったいないと思いがちですが、

50GBであれば月130円で購入することが出来ます。

有料ですがiPhoneとの互換性は抜群ですので一度検討してみてもいいですね。

ちなみに私も利用しています!

Google photo

次は「Google photo」についてご紹介いたします。

こちらに関しては注意していただきたいことがあります。

それは2021年5月末に無制限のデータ使用サービスの終了があるということです。

2021年4月現在は「Google photo」を利用することにとり、無制限のデータをオンライン上に保管することが出来ます。

お得すぎる!

6月以降は無料の場合、15GBまでのためご注意ください。

有料プランの場合、
100GBまでの利用で月250円
200GBまでの利用で月380円になります。

有料にはなりますが、まだまだお得には変わらないですね。

3.Amazon photo

最後にamazonが提供している「amazon photo」をご紹介させていただきます。

こちらも写真・動画のバックアップが可能なオンラインストレージサービスです。

Google photoの無料で容量無制限の提供が終了された今、注目を浴びています。
amazonアカウントをお持ちであれば、簡単にアクセスすることが可能です。

こちらのサービスは無料の場合、5GBまでのストレージしか利用することが出来ません。

さらにファミリーフォルダの機能が利用出来ない等の制限があります。

え、、じゃあどんなところがいいのー!?

それは、、

amazon primeに加入している場合は容量無制限(動画は5GBまで)で
全ての機能が利用可能

だからです!!

もしamazon primeに加入していて容量に困っている方はぜひ利用してみてください!

ちなみにamazon prime会費は月500円です。ストレージサービスだけでなく、配送料無料などたくさんの特典もありますので気になった方は調べてみてください。

比較とまとめ

ここまで3つのサービスを紹介してきました。
それぞれのサービスを比較したものを紹介するので是非検討してみてください。

料金だけでなく、現在利用しているデバイスとの互換性も重要な要因ですのでそれも踏まえてあげるとベストです!!

このようになりました。

今考えると、Googleが無料で無制限のストレージを利用できるのは破格でしたね。

それぞれメリットとデメリットがあると思います。自分に最もあったサービスを選択してください!

写真は今までの体験を思い出すことができる宝物です。

誤って無くしてしまわないように大切の保管してあげてくださいね。